Hatena::Groupkichikichi

保健室 お知らせ

2013-01-17インフルエンザ等の発生状況

 今日病気による欠席は、全校で9名です。そのうち2名(5年1名、6年1名)がインフルエンザAと診断されています子どもたちには、うがいや手洗い、マスクの着用、換気などに心掛けるように話しをしています。ご家庭でも、早目の就寝や暖かい服装に心掛けるなど、体調の管理と観察をお願いいたします。

2012-12-07休日も風邪の予防に努めましょう!

今日風邪等で休んだ人は全校で5人でした。今週の月曜日は13人だったので随分減りました。どうも月曜日の欠席者が多いようです。

子供たちの休日の過ごし方はどうですか?

平日出来ない活動や外出での疲れが月曜日まで残ることはないでしょうか?

月曜日保健室来室者に、昨夜の就寝時刻を聞くと夜10時・10時半といった返事が返ってくることがあります

休日に体調を崩さないような過ごし方を工夫しましょう。

とやまゲンキッズ作戦「健康づくりノート」を配りました。前回実施(5月実施)と比べながら行い、13日(木)までに提出してください。

2012-12-05ノロ対策は「手洗い」が一番重要です!

今日の欠席状況は、発熱・腹痛・吐き気といった症状で休んだ人が、全校で10人です。そのうち感染胃腸炎と診断された人が5年生に1人います

富山県感染症情報センター感染症発生動向速報によると、感染胃腸炎の報告数が先週より増加傾向にあるそうです。

手指についたノロウイルスを除去するためには、ハンドソープを使い、よく泡立てて、水でよく洗い流す方法が一番効果があります

帰宅後・食事前・トイレ後にしっかりハンドソープを使って手洗いをするように、ご家庭でも声かけをお願いします。

2012-11-19感染性胃腸炎にご注意

 魚津市健康センターから情報によると、感染胃腸炎の報告数が

急激に増加しており、流行の始まりとみられるそうです。

 毎年この時期から翌年の4月にかけて、ノロウイルス感染を原因とする

感染胃腸炎流行します。本校児童現在感染はいません。

 主な症状は、下痢嘔吐、腹痛などの消化器症状です。

 ウイルス患者の便中に大量に存在し、手に付いたウイルス食品などを

介して人に感染します。

 ワクチンなどの予防方法はなく、「流水・石けんによる手洗い」で予防することが最も効果的な方法です。

 風邪インフルエンザの予防と合わせて、食事の前後帰宅後には

家族全員で手洗いをしましょう。

2012-11-15インフルエンザ予防接種

今日風邪や腹痛で欠席した人は、全校で6人です。

2・3・5・6学年に病欠の人はいませんでした。

風邪インフルエンザ流行する時期になります

流行から、うがい・手洗いをし十分な睡眠をとって予防に努めましょう。

インフルエンザの予防法の一つとしてインフルエンザ予防接種があります

ワクチンを接種すると、インフルエンザにかかりにくく、

かかったとしても重症化するのを防げると言われています

13歳未満の子どもは、合計2回の接種が必要です。

インフルエンザワクチン効果は、接種後2週間~5か月程であるため

からの接種をお勧めします。

6年生で今月13日にジフテリア破傷風混合予防接種を受けた人は、

1週後の20日からインフルエンザ予防接種が受けることができます